この記事は約 3 2 秒で読めます。

思春期を迎え、月経が始まった女性は、そこから月経が終了し心身が落ち着くようになるまでのおよそ40年ほど(もちろんこの年数には個人差があります)を、ホルモンバランスの変化とともに過ごします。

最近では月経前症候群という女性特有の症状も世間的に認知を広め、女性の心身の状態がホルモンのバランスで大きく変わってくるという認識ももはや常識といえるまでになりつつあります。

人生において女性に月経が始まる頃というのは、男女とも思春期で情緒不安定な頃なので、周囲の仲間に自分の気持ちの揺らぎを相談することもできます。

しかし、閉経期の女性は、その話題についてあけすけに話すことも、体調のしんどさを言い訳することもできない場合が多く、悩みを抱え続けてそのままうつ状態になってしまう人も少なからず存在します。

女性の更年期は、40歳代後半から始まる閉経前後の約10年間のことで、もちろん個人差はありますが、卵巣の機能が低下することで女性ホルモンの分泌が低下します。

その結果月経の異常が起こり易くなり、身体的・精神的なバランスを崩しやすくなります。

この時期に現れる症状は一般に「更年期障害」と呼ばれますが、ホルモンバランスの変調は、うつ病の発症原因にもなります。

ここでは、閉経によるホルモンの変化と精神状態についてご紹介をします。

閉経・更年期は女性(だけではないのですが)ならば誰しも通る道です。

正しい知識を得ることで、決して一人で悩みを抱え続けず、余計な不安に苛まれることなく、次に来る新しい自分を受け入れてくださいね。

更年期による心のバランス喪失とうつ病

女性は多くの人が、40歳を過ぎた頃より卵巣の機能が徐々に低下し始めます。

卵巣の機能が低下していくということは、それに伴って女性ホルモンの分泌が減少していくということです。

こうした女性ホルモンの減少は、肌のつやであったり、女性らしいふくよかさを生む皮下脂肪であったりというものを一時的に減少させることに繋がります。

まずこうした身体的な変化から、更年期にさしかかった女性は「自分の魅力が少なくなっていく」と不安を感じ始めるのです。

このような身体の変化を伴う更年期は、一般的に閉経を中心とした10年間と言われており、閉経してみて振り返ると、閉経5年前くらいから心身の変化があったことに気づくでしょう。

次に、閉経の準備を始めた女性の身体は、今までになかったほどのホルモンバランスの乱れを経験している最中になります。

身体がのぼせたり、ほてったり、片頭痛のある人は片頭痛がひどくなったり、生理前症候群のように、気持ちの振れ幅がとても大きくなったり…。

他の症状としては、気分が落ち込んだ状態が続いて気力がなくなる、楽しいと感じる事がなくなるなどの精神的な不安定状態に加えて、身体的な不調を伴います。

女性はいつもの自分とは違う心持にも不安になったり、どうすることもできない感情の起伏に家族とうまくいかなくなったりしてしまうのです。

このような時に、周囲の理解が乏しければ、バランスを失った更年期の女性の心は抑うつした状態になり、進行すればうつ病へと移行してしまうのです。

更年期うつ病は心身性の病気

睡眠障害、倦怠感、憂うつ感、頭痛、めまいなどは、更年期障害の症状ですが、うつ病の症状とも共通しています。

そして更年期障害による体調不良は、更年期うつ病を引き起こす原因になるのです。

しかし更年期うつ病は心身症の一種なので、身体的な不調の要因を取り除けばほとんどが治ります。

まわりの協力が完治への早道

更年期うつ病を治療する間は、周りの人は一般のうつ病患者に接する時と同じ対応の仕方が必要です。

まず励ます、責める、怒るといった対応は絶対に避けなくてはなりません。

本人の責任ではなくて、病気の症状であることをはっきりと認識しましょう。

更年期の女性の心身の状態を理解する

40~50代の女性というのは、家族があれば子どもから一先ず手が離れ、親の介護を考えるたり見送りをすることが多くなる時期になり、体力の衰えを否応なく感じ始め、自分の老後などについても真剣に向き合わなければならない世代です。

そうした家族環境の変化のなかで、自分自身の身体は更年期でしんどく、感情も思うままにならないという日々を送らざるを得なくなるのです。

家族としては、今まで精一杯頑張ってきた母には、少しずつ自分自身を大切にする時間を持ってもらうようにすることが大切です。

いつまでも家事を母に頼り切るのではなく、できることは自分自身で取り組むようにしていくのはとても大事なことです。

母親業に全力で取り組んでいた女性は、一時的に「空の巣症候群」と言われる気持ちになるかもしれません。子どもの巣立ちによって心に穴が開くような、空虚感に陥る精神状態のことです。

母親に更年期とこうした「空の巣症候群」を並行して味わわせないためにも、本来は家族が普段から自律した存在であることがとても大切です。

しかし、気が付いた時には、すでに母が更年期に入っており、しかも自分はまだまだ自律も自立もしていないというのであれば、今からでも、母親の心身をいたわり、母がどんなにしんどそうでも感情の起伏が大きくても、できるだけ受け入れてあげるようにしましょう。

「どんなあなたでも家族はあなたを大切に思っています」という姿勢が大切なのです。

これまでに母親があなたたちにしてくれたような愛情で、次は母親を受け入れてあげましょう。

そうすれば、母親の更年期が過ぎたとき、あなたは自立も自律もできた大人になれるでしょうし、母も自分の子育てに自信を持てたことで、次のステージへ気持ちよく進むことができるはずです。

大切なのは本人を休ませてあげること、そして周囲が理解を示しながら一緒に病気を治すことです。

症状の程度にもよりますが、基本は病院で診断を受けて薬による治療をすることです。

この場合薬剤治療によって更年期障害の症状を改善すれば、うつ病も快方に向かいます。

女性ホルモンを始めとする各種ホルモンのバランスを検査して、処方された薬剤を続けることで症状は軽減されます。

ただしホルモン薬の投与が主体になるので、むくみなどの副作用を伴う恐れがあります。

更年期障害に対しては、漢方薬による治療も選択肢の1つになります。

漢方薬では副作用の心配が少なくて済みますが、即効性は期待できないので、じっくりと長期的な治療・改善をする心構えが必要です。

更年期うつ病は、身体的不調の改善が第一、無理にならない程度にウォーキングなどの運動をしてみたり、サプリメントを活用することも効果が期待できるそうです。

この時も周囲から無理に促してはいけません、本人の意思を尊重して、まわりの人もいっしょになって、力を抜いて気長に治療を続けましょう。

>>辛いうつ病に悩まなくて良くなる<<
>>効果のある健康食品ランキングはこちら<<

The following two tabs change content below.
うつ病対策のためにできること

うつ病対策のためにできること

このサイトでは辛いうつ病の症状を和らげたり、うつ病を改善するためにどうしたらいいのかという情報を配信しています。家族がうつ病に罹患してしまったときにどうしたらいいのかということも載せているのでチェックしてみてください。